Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた酒蔵開放日

バレンタインは死にました!(ぴすちゃん風)
今回のお話とは全く関係ありません。

ムツ君もセイちゃんも元気で仲良しです。
IMG_4484.jpg

まあ夜にもなるとムックはこんな表情で寝ますがorz
IMG_4487.jpg

そして今日から「おらのテイテイ」は「日本酒Blog」となりました(ウソです)
備忘録です。


13日 土曜日は隣の湯沢市にある酒蔵2軒の開放日へ出かけてきた。

まずは両関酒造。
IMG_4537_20100214020229.jpg
ここは僕が日本酒はおいしいものと認識した純米大吟醸酒「雪月花」を作っている酒蔵。

東京にいるときは日本酒はほとんど飲まなかったので秋田へきて日本酒のおいしさに驚いた。

中に入るとまずは蔵!
IMG_4490_20100214020130.jpg
登録有形文化財だそう。

とにかく立派な蔵だった。もちろん現在も蔵として利用されていた。
IMG_4503.jpg
手前の青いビニールには靴底を殺菌するための薬品が用意されていた。
蔵に入るときはここに靴ごと足をいれて殺菌して入る。

2号蔵
IMG_4509.jpg

入ってすぐに火入れ時のタンクと、先日伺った浅舞酒造では現役だった搾り機が展示品としておかれていた。
IMG_4506_20100214020200.jpg
蔵だけあって梁は凄い。
IMG_4512_20100214020159.jpg
酒蔵は金持ちが始め、杜氏は農家という話があった。
秋田だけかもしれないけど。

両関の搾り機
IMG_4517.jpg
生産量は多いと思ったのに、意外と搾り機はこれ1機しかなかった。

これは搾ったお酒が入るタンク。
IMG_4519.jpg
味の均一化をはかるために、それぞれのタンクから搾ったお酒を混ぜる目的のタンク。
1基で144kℓ! 1升瓶で8万本!!
全盛期(昭和40年代)には4基フル稼働だったそう。それだけ日本酒の消費量が落ちているということ。

そして壜詰め工程
IMG_4522.jpg
ガラス張りになっていて見学コースがあった。

これだけ機械があると、蔵というより工場。
IMG_4527.jpg
緑の安全第一クサイ旗が余計に工場っぽく感じさせる。

両関では搾りたて原酒を100ml当たり100円で量り売りしていた。
IMG_4530.jpg


同じ日に両関から徒歩5分ほどの場所にあるの秋田銘醸(爛漫)も開放日だったのでハシゴしてきた。

こちらは両関よりもさらに規模がデカイようだ。
壜詰め工場だけで別棟でこれだけの規模。
IMG_4539.jpg

酒蔵というより会社!
IMG_4542.jpg
酒蔵とは思えない立派な入口です。
会場入口はここではないが。

正規の見学ルートからお邪魔すると、靴を脱いでエレベーターで5階へ通され、蒸す工程から。
IMG_4548.jpg

そして酒米も食べさせてもらえた。
IMG_4547.jpg
どちらも普段食べる白米よりも硬く蒸されていた。

両関では仕込み水は飲めなかったが、爛漫では用意されてあった。
IMG_4550.jpg
この近くにはムックやセイラも普段職場で飲んでいる日本名水100選の1つ「力水」も湧いて出ている湧き水の豊富な土地。だから複数酒蔵があるのだろう。

爛漫は規模が大きく、各タンクの醪の温度をコンピュータ管理していた。
IMG_4553.jpg
規模が大きいとこういったハイテク機器も使って酒造りするんだなぁ。

爛漫でも利き酒があった。
IMG_4556.jpg
大吟醸から紙パックのお酒まで5種類を飲んでから別テーブルへ。
IMG_4557.jpg
戻って味を確かめることはできない。
あれこれ飲んでいると次第に酔い始めて何がなんだかわからなくなるので早めの決断が必要。

僕の回答はこちら
IMG_4561.jpg
爛漫のは簡単で5つとも当てることができた。

利き酒のあとは醪体験コーナーで混ぜる体験もできる。
IMG_4567.jpg
醪の気泡は非常に細かくて数が多く、そのガスによって竹の棒で混ぜようとすると上に弾かれるほど。とてもいい体験ができた。
蔵人が記念写真も撮ってくれて、その場でプリントして渡してくれるサービス付。もちろん無料。

見学コース中に試飲コーナーもあり、ここでは搾りたての原酒を飲ませてくれた。
IMG_4569.jpg
もちろん火入れ前の原酒なので、特有のピリピリした刺激もあり僕好み。

試飲コーナーの向かいには搾り場があって、6基ぐらいで搾っていた。
IMG_4575.jpg

ちょっと歩くと今度は有料の試飲コーナーも。
IMG_4580.jpg
ここでは大吟醸古酒3種を100円で飲ませてくれた。
僕の飲んだ感想を言わせてもらうと、日本酒は古ければいいというものではないと感じた。
しかし非常に貴重でなかなか手に入らないし、とても高価であるという説明だったが、開放日では300mlで735円でそれぞれの年のが売られていたが、このような理由で購入しなかった。

そのテーブルには米の価格なんかも書かれてあった。
IMG_4579.jpg
やっぱし山田錦は高いんだなぁ。


とにかく爛漫は規模が大きい
IMG_4584.jpg

最後にはお約束の販売コーナー
IMG_4587.jpg
爛漫ではここを笑談室という場所らしい。
写真の真ん中では仕込み水から大吟醸、焼酎やリキュールまで試飲させてくれ、気に入ったものがあれば右側のレジでお会計。

土曜日に2軒、規模の大きい酒蔵を見学したが、爛漫は会社規模も大きいからか、見学コースがしっかりしていて好感を持てた。
それに比べると両関はもうちょっと努力が必要かな。
蔵人の説明は非常に丁寧でわかりやすい説明をしてくれたので満足だったが。

帰りはアカネも迎えに来てくれた。
IMG_4590.jpg

家に戻り、今度はワン孝行。
まずは相撲。
IMG_4617.jpg

雪球のとりあい
IMG_4659.jpg

天気もよくて気持ちが良かった。
IMG_4670.jpg

そして今回購入してきたお酒。
IMG_4798.jpg
手前の瓶が両関で購入した生搾り原酒。
大吟醸原酒が爛漫、白い箱は爛漫で利き酒して全問正解していただいたボトル。

酒蔵見学へ行くたびに増える酒かす。
IMG_4802.jpg
天の戸の森谷杜氏は「『かす』だなんて言わないで」と「酒香寿(さけかす)」と呼んでいた。

現在発売中のdancyu3月号では天の戸の森谷杜氏が酒香寿をつかった日本酒にあうおつまみを紹介している。
d89127144d.jpg
普段dancyuなんてどこにでもあるのに、開放日があったからか今回の号は我が家周辺の書店はすべて売り切れだったが、一番近いショッピングセンターの本屋にはなぜか山積みになっていたw




14日 日曜日。

まずはママが美容院へ行くのでアカネと送っていき、僕はアカネとデート。
イエローハットへママの車のオイル交換に行った。

1時間ちょっとでママと合流し、今度は我が家と同じ横手市にある阿桜酒造の酒蔵開放日へw
RIMG1013.jpg
入口の前にはかまくらができていた。

我が横手では15日からかまくら祭りが開催されます。


ここのお酒は僕的に好みだったので見学するのが楽しみだった。

ある程度参加者が集まってからまとめて案内してくれるのだが、ちょうど昼時だったからか自分入れて3人。
ゆっくり見学ができた。

まずは精米。
RIMG1015.jpg

出た糠。
RIMG1017.jpg
赤糠は椎茸栽培に使われ、特糖なんかはお菓子屋さんに行くそう。

今日仕込んだもの
RIMG1019.jpg
翌日さらに足すそう。

こちらは仕込みから2週間経過したもの。
RIMG1023.jpg
このぐらいになるとガスが凄いらしく、タンクに転落すると即死だそう。
毎年転落して亡くなってしまう事故があちこちであるそうなので、このようにふたをしている。
ロープは見学者用。特に子供が入らないようにだとか。

阿桜では麹室はドアの外から。
RIMG1028.jpg
やはりほかの菌の混入を恐れていた。
両関も爛漫も麹室なんて見ることすらできなかったのに、天の戸はよく入れてくれたよなぁ。

ここも搾り機は1基
RIMG1031.jpg
どこもこのタイプが主流?

タンク萌え?
RIMG1032.jpg

お楽しみの試飲
RIMG1038.jpg
いぶりがっこ(たくあんの燻製)もおいしかった?

アカネも初かまくら
RIMG1041_20100215004054.jpg


酒蔵開放日に行ってきた。

7日 日曜日

午前中は仲間と滑りに。そして午後からは我が家から車で10分ほどの場所にある浅舞酒造の酒蔵開放日に出かけてきた。
飲みに行ったのではなく勉強をしに。
IMG_4444_20100209224453.jpg
※帰りに酔っ払って撮ったので傾いてます
我が横手市にある「天の戸(あまのと)」ブランドの小さな酒蔵。

受付を済ませると、まずは利き酒から。
精撰、醇辛(じゅんから)、美稲(うましね)、LAND OF WATER、大吟醸の5種類。
オイラはLAND OF WATERと醇辛を逆に書いてしまって3つしか当てられなかった。

利き酒は1つのボトルに2つの利き猪口が用意され、それを参加者全員で回し飲みするので潔癖な人には厳しい。

これが天の戸の仕込み水
IMG_4386.jpg
真面目に撮ればよかったと後悔。


IMG_4378.jpg
左から「吟の精」「美郷錦」「星あかり」「秋田酒こまち」「亀の尾」「美山錦」
ここでは酒蔵から半径5km以内の限られた生産者から酒米を仕入れ仕込むので、誰が作ったのかわからない米は一切混入しないのだそう。

精米歩合
IMG_4385.jpg
80%でこのぐらい。玄米を白米に精米したぐらいな感じ。

38%まで磨くとこんな感じ。
IMG_4383.jpg

ここの蔵元では麹室も見学させてくれる。
IMG_4400.jpg
室の中は30度以上はあると思われるほど高温で、すぐにジワリと汗が出てきた。
麹菌は緑色だった。カビの色。

そして仕込み蔵。
IMG_4395.jpg
リンゴや桃などのフルーティーな吟醸香がたちこめていた。
このタンク1つで1升瓶2000本ぐらい搾れるそう。大規模な酒蔵のはもっとタンクが大きいそう。

この状態でも試飲させてくれた。
IMG_4396.jpg
酸味が強く、米の粒がまだあってピリピリと発泡性の刺激もあり。
この状態でも十分おいしかった。

次は搾り。
IMG_4409.jpg
この搾りたてを横で壜詰めして販売もしてくれる。
当然一度も火入れをしていないので菌の繁殖は続く。

ここで見学は終わり、試飲コーナーへ。
IMG_4416.jpg
燗をつける安価なお酒から、お店にまで出回らない超稀少なボトルや、この蔵で一番高価な純米大吟醸まで飲み放題。
「飲み放題」とはオーバーな表現ではなく、本当に蔵人が遠慮なくどうぞと勧めてくる。

試飲コーナーの横の部屋では参加者同士が談笑できるスペースも用意され、蔵の賄いさんが作ってくれた粕汁やおつまみも用意されていた。
IMG_4424.jpg
もちろんテーブルに用意されているお酒も飲み放題。

凄くきれいな巻物。
IMG_4421.jpg
食べるのがもったいないぐらい。

一緒に出かけた友人夫婦と3人でホロ酔いに。
IMG_4422.jpg

帰りにはここでしか購入できないレアなボトルを特別価格で購入し、出口で社長からおみやげまで手渡されて感激。
ここまで楽しませてもらってご馳走にもなってすべてが無料。

友人夫婦はあちこちの酒蔵開放日に出掛けているそうなのだが、ここまで大盤振る舞いな蔵元も他にはないらしい。
今週末は生産量の多い酒蔵の開放日があるので酒造りの違いなどを見学してくる予定。

ただお店でラベルをみて買って飲むだけではなく、誰がどのように作った酒なのかを知った上で飲めばさらにおいしくいただけると思う。
杜氏の酒造りの考えなんて一般人はこんな時でもないと聞けないし。

さらに天の戸が好きになった1日だった。

「山」と言ったら?

5月16日の出来事。

この日はママが高校時代のお友達(出産直前)とランチへ出かけたためオイラはワンとお留守番。
あまりに暇であったため、グリーンシーズンのホームゲレンデへ行ってきました。

ム「どうもムックです。ここ第1ゲレンデはツマラナイコースです。パパたちは第4ゲレンデを滑るんだって。僕たちはいつも留守番だけど」


セイラさんはウ○チ中?
IMG_1652.jpg

6月で4歳になるムックは最近コートが伸び始めてきました。
IMG_1673.jpg
タ○タ○とってホルモンバランスが崩れた影響か、単なる加齢によるものなのかは不明です。
ゴージャスコートの飼い主さんに伺うと、ほとんどの子が3歳以降に伸び始めたと言われます。
なので現在貧毛の子も将来伸び始めるかもしれませんよ!あきらめないでくださいね。

ホームゲレンデ放牧のあとは帰る途中に見つけた気になる道へフラフラと。
IMG_2471.jpg
どうしてもこういう道を見つけるとその先に何があるのか気になってしまい、時間があれば必ず先へ進んでしまいます。
なのでフラットモービルは手放せない!

しばらく進むとR342にぶち当たって終了。
なぁ?んにもなく面白くありませんでした。

夕食の準備までも時間があったので、このまましばらく岩手県方向へ気の向くままに進むことに。

途中変な道を発見し脇道へそれると、ボロい橋を発見。
IMG_1770.jpg
これまたオンボロのフラットモービルと記念写真。

それを撮りに行こうとすると、セイラさんが「私も降ろせ」とアピール。
IMG_1779.jpg
その先へ進んでも特におもしろいものは見つけられず、再びR342へ戻り岩手県方向へ。

すると今度は「赤滝」という看板を見つけて右折?
しばらく砂利道を進むと岩石障害!
IMG_1790_20090524145932.jpg

すぐ近くで撮影。
軽自動車でギリギリ。ヘタクソなら岩にヒットは間違いなし。
IMG_1792.jpg
ここは軽自動車でないと通り抜けられません。
普通車だと転落します。


岩石障害の次は秋田のローズヘアピン
IMG_1789.jpg
我がフラットモービルはドリフト(ウソ)をかまし赤滝へ目指します。

ここが赤滝。
IMG_1780.jpg
まあまあです。

ここは滝の上へも簡単に行かれます。
IMG_1786.jpg
柵などもなく誰でも気軽に滝の上へ。
ヘルメット着用して浮き輪に乗ってウォータースライダーにもなりそうな滝。
ちょっとやってみたいけど死ぬかもしんない。

油断していたらオイラがウ○コしたくなってきたので撤収!
履歴書の特技欄(あったっけ?)に「野グ○」と書けるほどの経験値のあるオイラですが、冷や汗かきながら、もうすぐ音速の壁を超えるかというスピードでR342をさらに南下。
ウンよく工事の方用のと思われる簡易トイレを発見し拝借。
難を逃れたあとにトイレを見ると、どうも工事の方用ではなかったみたい。
とにかく助かりました。

ここまで来たのならばまだ入ったことの無い「栗駒山荘」の湯に入りたくなり、再び音速の壁を目指しますが、加速中に赤信号で急ブレーキ。orz
IMG_1795.jpg
昨年の"岩手・宮城内陸地震"の爪あとがいまだに残っており、工事が未着の箇所も多々ありました。
工事区間が長いので一度ハマると2?3分は待たされます。

しばらく走ると道路沿いに湧き水を発見!
IMG_1804.jpg
「仙人水」だそうです。

名前の割りに国道沿いにありやがって、ありがたみも感じずにペットボトルへ。
IMG_1809.jpg
冷たくておいしいお水でした。

水を飲みながら鼻歌交じりに山頂を目指すと、山の上の方はまだまだ雪が残っていました。
IMG_1816.jpg

そしてようやく「栗駒山荘」に到着。
先ほど放牧したスキー場からは30kmぐらい離れています。
IMG_1821.jpg
土曜日にもかかわらずお客さんは少なく、「大宮」「習志野」の県外ナンバーが目立ちました。

県外からわざわざ来るのも納得。
山の上だけあって静かで景色がよく、時間を忘れて過ごすことができるすばらしい場所。
もちろん宿泊もできます。

温泉も白濁で硫黄の香りがし、味は少し渋みというか苦味を感じる湯。
栗駒山荘のHPには「栗駒山荘の湯は日本でもまれな強酸性のみょうばん緑ばん泉です。源泉からの湧出量は毎分6000?!これは一カ所の源泉から湧出する量として国内第2位! その湯量豊富な温泉は源泉から溢れ、川のように流れています。また、この地域は高山のため紫外線が強く、気候治療の適地としても知られています」と書かれています。
湧出量1位は、もちろん大分の別府温泉!次回こそ行くぞ!!

露天風呂からも内湯からも真正面には鳥海山も見えてとてもリラックスできました。
きっと都会の方々にはもっと心が休まる場所になると思います。

しかしこの栗駒山荘は冬は雪が凄すぎて冬季休業します。
スノーモービルもやる従兄の話では、真冬に来ると山荘は雪で埋まり、見えるのは屋根だけだそうです。
でも源泉からは湯が出ており、入ろうと思えば源泉近くで入れるそう。
このためだけにスノーモービル欲しくなりましたw

ひとっ風呂も浴び、ポカポカした体を冷ますためにダウンヒル!(本当は普通に下った)
ここ栗駒山荘は秋田県と岩手県の県境にあり、秋田県側からはR398からもアクセスすることができます。
往路は工事で交互通行がたくさんあったのでR398で帰ろうとしたのですが、まだ雪があるのか通行止めでしたorz

同じ道を引き返すのが嫌いな性格なのですが、ワンにはよかったみたいです。
栗駒山荘に向かう途中にもワンと遊べそうな川原を探しながら向かっていて、途中に気になる脇道を見つけていました。
せっかくなのでその道へ逸れてみると・・・





大正解!!!

途中、深い水溜りがあったりしてサファリラリーでもやってるみたいでしたが、行き止まりには車もとめられるスペースもあり、とてもいい場所!

位置的には先ほど行った赤滝の下流になります。
水は真木渓谷よりは澄んでいませんが、ここの上は民家も畑も無いので安心して遊ばせられると思いました。

早速ワンを放つと、川は見えないのにもかかわらず、ワンは一直線に川へ。これが本能なんでしょうかね。
IMG_1835.jpg

早速飛び込むセイラ。
ムックは腰が引けてますw
IMG_1853.jpg

IMG_1921.jpg

セ「枝もとりますよ?」
IMG_1957.jpg

ム「僕だって!」
IMG_2047.jpg

ダブルブルブル
IMG_2060.jpg

枝のとりあいっこ
IMG_2127.jpg

強気なムックもセイラに負けそうになりこの表情。
IMG_2129.jpg

思いがけずいい復路になりました。

山で遊んで川で遊んで。
もちろん家に戻ったらグッスリでした。

笑い話いろいろ

先週の土曜日は、あまりにも天気がよく、黙っていられないオイラはママに「どっか行こうよぉ?」とお伺いをたてる。

マ「どこ行きたいのよ!」

テ「甘エビ買いに行く!」

ということで、秋田県の海側へ出かけることになりました。
最近、僕は兼業主夫なので、ほぼ毎日スーパーへお買い物に行きます。
そこで象潟産の甘エビをみるようになり、現地で買いたくなって出かけました。

我が家から海へ向かうには、いくつも山を越えなくてはなりません。
その途中にある"秘密の広場"をご紹介。
IMG_0475_20090421212338.jpg

風車がいくつもあります。

この日は稼動しており、真下から見れるので羽が回っているのが大迫力で見れます。
稼動音も"ゴーゴー"と怖いぐらいの音がします。

反対側には鳥海山が見えるのは鳥海山。
ヘンテコな雲と一緒に。
IMG_0488_20090421212339.jpg

そしてここが目的地の「道の駅きさかた」
IMG_0494_20090421212339.jpg
写真奥に見える建物が道の駅で、手前が魚屋さんが数軒。
近くの漁港であがった魚が買えるのでいつもお客さんでにぎわっています。
奥の建物は温泉があり、日本海を眺めながら入浴できます。入ったことないけどw

IMG_0496.jpg

これが目的の甘エビ!
IMG_0497.jpg
保冷用に発砲スチロールと保冷剤を持参したのに、買ったのはこれだけ。モッタイナイ。
夏になると鳥海山の伏流水で育った天然の岩牡蠣もならびます。激ウマ!

帰り道では「ババヘラ」に遭遇しました。
IMG_0500.jpg
ババヘラとは、ババアがヘラでアイスを盛るから「ババヘラ」なのだと思います。
暖かくなると県内のあちこちにアイスとともに売り子さんが投下され、夕方回収されるというシステム。
結構県外でも有名らしく、アイスをバラのように盛れるオバサンが何人かいるとか。
その人に会えるとラッキーなんだそうです。
でも僕は大昔から秋田に通っているのに一度も食べたことがにゃい!orz
「今年こそは・・・」と思っても、きっと今年も食べないと思います。

ムックさんはさっきの風車の下でセイラを狩って疲れたようで、ずーっと寝てました。
IMG_0507.jpg




そして・・・









買っちゃいました!
Audi TT 2.0TFSI Quattro
IMG_0520_20090421212426.jpg
僕じゃなくて従兄がねw

ここからが笑えるのですが、この車の契約を交わした2日後に彼女(未婚)に妊娠が発覚!w
この車の定員はほぼ2人。後部座席もあるのですが、大人は座れないほど狭いw
笑わせてくれますwww

笑えるのはこれだけじゃなく、なんと出産予定日が僕らと1日違い!(従兄が1日早い)
先日、僕の"めでたい会"の宴の時に一緒に飲んだくれていたのには従兄の彼女も妊娠していたんですwwwガハハハハ
ということで、従兄も結婚することにw
まあこういうことでもないと結婚しそうもない男だからこれも縁でしょうww

そして最近、従兄の庭にキジの夫婦が住み着いたそう。
IMG_0508.jpg
写真撮ろうと近づいたらどんどん離れていき、隣の田んぼまで。
メスの警戒心が強かったです。
新婚家庭の庭に、夫婦なのかはわからんがキジの男女が住み着く。これも縁なんですかね?w

話はかわりますが、セイラちゃんは最近とても甘え上手。
IMG_0754.jpg
なんていうんでしょうか、アイドルのような男をドキッとさせてしまう仕草を覚えてしまったようで、アゴ乗せ+上目遣いをマスターしました。
あまりのかわいさに倒れそうになるときがありますw

滑り&祭り

先週は月曜日からいい雪が降り続きました。
週末を楽しみに日々テンションがあがります。
しかーし! 金曜日になったら クッソーーー! 泣きそうになりました。
怒りが天に届いたのか、金曜の夜から雪+強風=猛吹雪となり、土曜日も風も強かったので滑りはあきらめ日曜日に賭けることに。
日曜日の天気予報は「のち」ということだったので祈りました。

その祈りも通じたようで、朝は青空が出るほど。
のようにテンションをあげスキー場へ向かうと↓
IMG_0809.jpg
スキー場の人が滑ったあと。ズルイ
未圧雪ゾーンはキレイ

ということでマーキング
IMG_0812.jpg
パウダーというほどでもにゃい。固まった雪の上にくるぶし程度のフワフワの雪程度というまあまあなコンディション。
これ先週の木曜日だったら最高だっただろうなぁ。冬ニートになりたい。

1時間も滑ると気温が上がり、せっかくの雪も締まって気持ちよさは半減でもこうなると圧雪バーンはエッジキレまくりで高速ロングターンが気持ちよくなる。
でも疲れる。orz
ということで、今回もおいしいとこ取りで3時間で帰ってきました?

そして家ではワンと雪遊び。
その模様はむつははのBlogでご覧ください。

そして日曜の晩は、雪遊びで大量の雪を食ったオムさんが、家の中でお漏らししたことを記念しお寿司にしました。
IMG_8779.jpg
ええ「記念日」なんてなんでもいいんです。寿司食べたきゃなんでも理由つけますわ。w

もうひとつ記念することがありまして↓
IMG_8786.jpg
セイラのヒゲの枝毛を発見! 1本から何本も。
オバケのQ太郎の髪の毛のようです。
ママは切りたいそうですが、僕はかわいいと思うのでこのままです。切ったほうがいいのでしょうか?

夕食が食べ終わるころに外でボンボン音爆発音が!
IMG_8795.jpg
花火でした。 2階の寝室から撮影。
わが町はかなーり昔から映画祭というものをやっており、この土日が開催日だったようです。
あんまし興味がないのでノーマーク。w
こっちは祭りがあれば季節関係なく花火が上がります。
あがる玉次第で予算が潤沢か、そうでないかがよくわかります。ww

Appendix

このBlogの値段

 
 

J-WAVE



お世話になってます












日本酒検定


日本酒検定 powerd by けんてーごっこ

プロフィール

テアボロ

Author:テアボロ



FC2カウンター

Extra

FCR Lovers


フラットレスキューボランティア
義援金、里親募集中


フラット里親募集中!!


 

メトリート基金


下3桁募金キャンペーン開催中


最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。