Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C405]

ムック君の子ども、いずれは・・・って
考えていらしたのですね
・・つらい選択でしたね

今頃は、麻酔から覚めている頃でしょうか

ムック君、セイラーちゃん
何が起きたのかわからないと思います
今日は、静かにしているでしょう
明日からハイパーなふたりに戻りますよ

[C406]

ムック君、セイラちゃんの子を取る事を楽しみにしてらっしゃったようなのでとても残念でしたね。

本当にいろいろ考えてのことだったと思いますが、わんちゃんの体や生まれてくる子のことが大切だと思いますので正しい決断だったのではないでしょうか。

うちは2頭とも去勢しており交配や出産についての知識はほとんどないのであまり無責任な発言はできませんが、やはり今いる子たちの幸せが1番ですよね。
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : ナイトトレイン1450
  • URL
  • 編集

[C407]

ほんとに、悩まれ、つらい選択でしたね。
でも、自分達の環境、母犬の体を考えての結論は
間違っていないと思います。
無責任&無知な飼い方だけは、ほんとにしてはいけないですからね!!
うちも、いずれはメグの子を・・と思って、ロロを飼った
のですが、まもなく、メグの方が積極的にロロにお尻を
突きつけるようになって・・こちらも、まだ2匹だけで手一杯
でしたし、メグも子供を生むにはまだ若いし、
どんなに気をつけていても、起こってしまうこともあるし・・病気やもろもろ考え、私達の勝手で、すぐに避妊&去勢をしてしまいました。
メグロロも今年6歳。それまでに何度か、メグロロの子供
見たかったな。と思うこともありましたが、後悔はしていません。そのぶん、ムックくんセイラちゃんが、元気に過ごしてくれれば!と思います!!
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : みなみ
  • URL
  • 編集

[C408]

大変でしたね~

色々考えてつらい選択でしょうね、私が意見の出来る立場ではないですが、その場面を見つけられたことが良かったと思います。
もし見つけていなかったら・・・
子供は無理になっちゃいますが、
ムックくんセイラちゃんが手術によって、今後元気で過ごしてくれれば今回のことは良かったのではないでしょうか?
勝手なこと言って申し訳ありません。

でも、家もかぁちゃんに反対されましたがフラットの癌等の病気を考え避妊手術は行いました。
今は、良かったねとかぁちゃんは言ってくれてます。

いつか、元気な2頭に会えること願ってます。
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : 赤チャレ
  • URL
  • 編集

[C409]

>よし☆よしさん
それがですね~ムックさん術後家に戻ってからもヤラせろ攻撃なんですよ。w
タマタマなければ落ち着くかと思ったんですけどね。
彼には関係ありませんでした。いまだにマウント王子は健在です!


>ナイトトレイン1450さん
犬のことを考えれば去勢&避妊をすることが一番いいことなのかもしれませんが、どうしても人間の勝手で生殖能力を不能にすることに抵抗があったんです。結局してしまいましたけどね。
やっぱりなんだったって自然な状態が一番いいんだと思っているんで。
結局人間の勝手なんですよね。ホント今回は考えさせられました。

>みなみさん
みなみさんちも同じでしたか。
うちもいただいたコメント通りです。

子は取りたかったですよ。だってそのためにセイラを家族に迎え入れたんで。
でも今回の件では、もう一度夫婦でこのことに関して話し合うことができました。
その時々の精神状態によって後悔したり、納得したりとあります。
きっと今後もそう思う事はあると思いますけど、そのときはワンたちの病気のリスクが大幅に下がったからいいんだと思うようにします。


>赤チャレさん
そうですね。その場面に遭遇しなければいつの間にか生まれてたなんてことになりましたからね。
まあその時はそのときで生みますけどね。
2カ月の間に出産に必要な知識を学ぶ事はできます。日々困ったときに経験者に尋ねることもできます。でもセイラの体と生まれてくる子のことを第一に考えた結果です。
でもこれが一番ワンたちにもよかったんですよね。
これからはオス同士の順列やらヒートのことを考えずに一緒に遊ぶことができるから、ワンも人間も楽しく過ごせる事を期待しています。
近いですからいつか遊んでください!
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : テアボロ
  • URL
  • 編集

[C410] 最後まで面倒を見るって

そんなコトになってたんですね!!
びっくりでした。でも、最後まで面倒を見るということは、子供も含めてのことだと思うので、少しでも不安なら結論を出してあげるのが飼い主さんの役目だと思います。
わんこは自分じゃできませんから。

わんこが野生の能力で生きていける地球ではもうありませんから・・・・憂うべきことではありますけど・・・・せめて家族に迎えたわんこの、子孫を含め全てを守ってあげられる範囲でいきませんと・・・・。ね!
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : おしゃまま
  • URL
  • 編集

[C411]

おしゃまま、こんばんや!

不安はセイラの体と母性のことだけです。
生まれてくる子たちは最悪家で飼える環境にありますから。
生ませたいという勝手な気持ちもありましたけど、セイラと生まれてくる子のことを考え、あきらめました。
いろいろ凄い考えたんですけど、でもこれでよかったのかもしれません。
今は後悔はしていませんよ。
子を取ろうなんて考えが間違っていて、こういう結果になったのかもしれませんし。
それよりも、やったからって100%生まれるとは限らないんですけどね。
確率的には高いとは聞いていますけど。
たとえ妊娠してはいなくても、考え直すきっかけになったから後悔はありません。
もう、ジョジョとおーしゃんと3頭での戦闘は「いっち抜っけた~」状態です。
これからはマウントされまくりでしょうけどね。ww

あんまり暗い話ばっかりじゃつまんないんで、サラミネタあげましたよ。
おしゃままって肉好きなんですか? であればあのサラミの味は納得です。
赤みの部分は生ハムに近い感じですね。
とにかく旨みのあるサラミです。
歴史の違いを感じさせられる逸品ですね。

今はウイスキーと食べてます。
ウイスキーひとくち、サラミ、そしてチョコレートみたいな感じ。ww
でもやっぱりビールが一番合いますね! 旨!!
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : テアボロ
  • URL
  • 編集

[C417] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-03-04
  • 投稿者 :
  • 編集

[C419] 鍵コメさんへ

こんばんは、鍵コメさん。

ムックとセイラは私たちの大切な家族です。
今回の件に関して、丸2日妻とみっちり話し合いました。
晩に思った事が翌朝考えると全く違うことになっているってことはショッチュウなんで、冷静に何度も考え直しました。
僕達夫婦の気持ちは同じで、セイラのことを第一に考えました。
片方を手術してとか、今回は中絶して時期を見て交配しようとか、そういう中途半端なことだけは辞めようと。
生むならば今回で決める。生まないと決めたら避妊手術を受けると。
凄まじい葛藤でした。仕事も手につかないほど。

いろいろ情報を探せば、「中絶する為のホルモン剤投与は副作用があるので気をつけろ」とか、獣医からも「レトリーバーぐらいのサイズの犬ならば初潮での妊娠でも難産の可能性は低い」とか、まだまだたくさん情報はたくさんありました。
人によっても意見は異なるし、最終的に判断するのは僕達飼い主の判断ですから、じっくり話し合ってこの決断に至りました。

ムックとセイラの子でなくたって、いま世の中にいる不幸な子だっていいじゃないかと。
愛犬の子孫がすべてではない。今回の件で、そう物事を考えられるようになりました。

今では彼女らが僕らに対し再検討するチャンスをくれたのだと思っています。
当初からの予定と正反対の結果には残念でなりませんが、今では最良の決断だったと思っています。

ムックの手術は無事終わりましたが、切開した部分が睾丸が入っていたときと同じぐらい膨れてきています。血液か奨液だと思います。獣医の話では睾丸が大きかったし、出血も多かったので腫れることは予想していたようで術後に説明がありました。
本日の電話でもあまり心配するようなことではなさそうなので、土曜日の抜糸の時に診てもらいます。

セイラは出血がとまり、腫れが引いてから時期を見て手術となります。
日にちは今度の土曜日に決まると思います。
交配後3週間~1カ月後に妊娠が発覚すると聞いていますので、
できればそれが発覚する前に手術をしてもらいたいと願っています。
妊娠しているとわかればそこでまた変な気が出てこないとも限らないので。
だからそれを知る前に手術できることを願っています。

本当に迷いました。辛い決断でした。
ムックとセイラには申し訳ない気持ちでいっぱいです。
  • 2008-03-04
  • 投稿者 : テアボロ
  • URL
  • 編集

[C420]

辛い選択でしたね。
でも、今現在のセイラと受け入れるテアボロ家の状態が整っていないのであれば、
結局は産まれてくる子犬たちを不幸にしてしまうことも考えられると思うので、
今、考えられる選択肢の中で一番良い選択だったのではないかと思います。

さくらは、2回ヒートが来てから手術しました。もちろん、子供をとるつもりでいました。
でも、ヒート中の調子の悪さや、ピークの時にはちょっとお尻にぶつかっただけで
尻尾が横に向いてしまう様をみて、とても今後、何回もヒートが来るのを見ていられないと思い、
相手探しをブリーダーさんに頼みました。
しかし、ブリーダーさんと話をした結果、さくらの子供は諦めました。
なぜか…
①大型犬のために10頭以上産まれること(必ずではないけど)
②かなり、子犬の養育費がかかること
③必ずすべての子犬が貰われるということではないこと
④(オスを1頭残したかったため)親子でも、成長するとオスとメスの
 関係になり、縄張り争い等が起こる可能性があること             
などなど…たくさん話をしました。
夫婦で話した結果、さくらの手術をきめました。
男の子が欲しいのであれば、自分たちの目で選んだ子を
迎えればいいんだから…と。

ダラダラたくさん書いちゃいましたが、
不妊、去勢手術に関しては、それこそ人それぞれの意見があるんですから、
自分たちが出した答えに自信を持ってイイと思います。
  • 2008-03-05
  • 投稿者 : さくまま
  • URL
  • 編集

[C421]

こんにちは、さくまま。

そう言っていただけると心が救われます。
みなさん気遣っていただいて声をかけてくださいます。
とてもありがたいことです。

さくらちゃんもそうでしたか。
セイラもヒートが始まってからとにかく元気が無く、
辛そうな表情をしているので、とにかく早くラクにさせて
やりたかったところもあるのですが、子を取る事を考えて
いたので、もうちょっとセイラには我慢してもらおうと
思っていた矢先の出来事です。

手術をすれば本人たちも楽になるし、
人間の都合さえ無視すれば当然の決断です。
でも人間だからそこでいろいろと葛藤するんですね。

今は1日も早くセイラを避妊手術受けさせたいのですが、
出血が止まり、アレの腫れがおさまってから手術となるそうです。
1回で妊娠するとは限りませんが、可能性は非常に高いそうで、
妊娠が発覚してからの避妊手術は気持ち的にとても辛いので、
できれば妊娠がわかる前に子宮を摘出して欲しいと思ってます。
  • 2008-03-05
  • 投稿者 : テアボロ
  • URL
  • 編集

[C422]

苦渋の選択だったんですね。 ごめんなさい。 ちょっとサボってたので この事情は 知らなくって。
でも 簡単に いいや 産ませちゃえって産ませて 後でセイラちゃんの体に影響が出たりするより こうやって一生懸命話し合って出した結果は 正しかったと思いますよ。
アロマは6ヶ月に入ってすぐに去勢しました。
お父さんは一回くらい交配させて子共とりたいって行ってましたが 私は 最初から去勢を決めて男の子を買いました。
以前飼ってたゴールデンが 普段はバカがつくほど大人しい子だったのに ヒート中の女の子と散歩で会った時 私の力では制御できないくらいの勢いで追いかけた事があって、人様の犬と飼い主に迷惑かけられないって思ったし 他にもいろいろ理由はあるけど それだって結局は人間の勝手ですから。  でもその勝手が わんこの事一生懸命考えてあげた結果なんだから むつくんもセイラちゃんにも きっと いい事なんだと思うよ。
もう くよくよ考えたり 後悔するのはやめましょうよ。
明るく行きましょ。  大丈夫だから!
  • 2008-03-05
  • 投稿者 : アロママ
  • URL
  • 編集

[C423]

アロママ~
もうだいじょぶさ~←沖縄弁風に
本日ムックさんのおふくろさんの縫い目から出血があって
腫れもあったんでもう一度病院に連れて行ってきましたよ。
そしたらもう一回麻酔して中開けてみるってことで再度手術。
1時間ぐらいで終わったんですけど、麻酔から醒めてムックさんは
ブルブル震えて歩く事ができなかったんです。
瞳孔が開きっぱなしみたいで、目がグルグル回っていたんですかね。
2度もかわいそうな目にあわせてしまいましたよ。
また凹んでしまいました。

まあ腫れはむくんでいるだけということなので、薬で治すようです。
今は落ち着いていつものベッドで丸くなって寝ています。
やっぱりこの姿が一番おちつくな~

アロマ君へ
もうアロマ君には乗らないからね~ たぶんw
  • 2008-03-05
  • 投稿者 : テアボロ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

葛藤

実はセイラ、ムックにテゴメにされてしまいました。
2月27日の事です。

セイラの初潮は14日ころに確認しました。
それから13日後でした。

当日の朝は、ムックがマウントしようとしてもセイラが嫌がり、
かわしてばかりいました。ムックもすぐに落ち着き普段どおりに
戻ったので油断していました。


そして事件が起きました。


私が職場で薪を取りに行こうと第二工場から第一工場裏にある
薪小屋へ行く為にドアを開けようとすると、ムックがランへ行きたいと
アピールをしたので、排泄を兼ねてランへ放ちました。
そして私は薪小屋へ。

それから5分もしないで突然「キャンキャン」と痛そうな2頭の泣き声を聞き、
何が起こったのか、そのときはさっぱりわかりませんでした。
慌てて近づくと、ムックとセイラがお尻同士を合わせたまま身動きが
取れない状態でいました。一瞬その状況を見てどういうことか全く理解できず、
その後すぐにこれが交配であることを理解しました。

完全にムックのブツがロックされた状態になっており、
すぐに引き離そうとしましたが触るだけで痛そうに鳴くので
あきらめて放って置きました。そして1分もしないうちに
収まったのか外れたようで2頭とも大切な部分を気にしていました。

これは全く言い訳になってしまうのですが、当日のお互いの反応を見ても
ムックとセイラを近づけておく事に危機感を感じませんでした。
その時になれば、オスはご飯も食べずメスにくっついてばかりいて、
メスはオスにマウントされればシッポを横に曲げる行為があることが
頭にあって、ここまできたときに初めて隔離しようと考えていました。
もちろんヒートの間はオムツを掃かせていたのですが、セイラはまだ
オムツの中でオシッコをするので、そのときはたまたまはずして
ランで排泄をさせようとムックと放してしまったのです。

全くもって私の監督不行き届き&考えの甘さに情けないです。

そしてこの事実を、むつははとブリーダーさんに伝えました。
かかりつけの獣医さんにも。

「交配後48時間以内ならば、ホルモン剤の投与で中絶できるので
良く考えて連絡をください」と獣医さんから回答をいただきました。

それから2晩むつははと、みっちり話し合いました。
そして出た結論が「子は取らない」ということになりました。

理由はたくさんあります。
初潮での妊娠ということと、出産後の母性の問題。
体がまだ未熟であるし、まだまだ子供なので生まれた子供の事を
セイラが育てる事ができるか不安でした。
それもありますが、何よりも僕達人間がワンの子供を取れる環境が
まだ一切整っていなかったのが大きかったです。

私たちは早くても3回目のヒートでの交配を考えていたので検査や、
さまざまな申請と登録、そして知識の準備ができていませんでした。

もちろん生む事も考えましたが、出産まで2カ月しかありません。
夫婦ともフルタイムで働いているので、とても2カ月ですべての準備を
整える事はほぼ不可能です。
今回は中絶し、時期を見て交配することも考えましたが、
ホルモン剤の投与も副作用が気になりました。

さらにヒートを迎えたセイラは、日々とても辛そうでとても元気がありません。
この姿を見ていると早くラクにさせてあげたくなって、避妊手術を決めました。
ムックの子孫を残すという事をあきらめることにしました。
もちろんムックも去勢手術を受けます。明日30日の午前9時に。

結局、人間の勝手に振り回されてしまったムックとセイラ。
子を取る事を決めるのも、中絶を決めるのも、去勢、避妊手術を受ける事を
決めるのもすべて人間の勝手。
今回の事でいろいろと考えさせられました。

もし次にまたフラットを家族に迎え入れるのならば、不幸な環境にいる子を
優先して家族に迎え入れるようとも話し合いました。
とにかくセイラの事を一番優先に考えた結果です。

僕のような未熟者が犬の子を取ろうだなんて100万年早いですね。
ながながとお付き合いいただきありがとうございました。


13件のコメント

[C405]

ムック君の子ども、いずれは・・・って
考えていらしたのですね
・・つらい選択でしたね

今頃は、麻酔から覚めている頃でしょうか

ムック君、セイラーちゃん
何が起きたのかわからないと思います
今日は、静かにしているでしょう
明日からハイパーなふたりに戻りますよ

[C406]

ムック君、セイラちゃんの子を取る事を楽しみにしてらっしゃったようなのでとても残念でしたね。

本当にいろいろ考えてのことだったと思いますが、わんちゃんの体や生まれてくる子のことが大切だと思いますので正しい決断だったのではないでしょうか。

うちは2頭とも去勢しており交配や出産についての知識はほとんどないのであまり無責任な発言はできませんが、やはり今いる子たちの幸せが1番ですよね。
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : ナイトトレイン1450
  • URL
  • 編集

[C407]

ほんとに、悩まれ、つらい選択でしたね。
でも、自分達の環境、母犬の体を考えての結論は
間違っていないと思います。
無責任&無知な飼い方だけは、ほんとにしてはいけないですからね!!
うちも、いずれはメグの子を・・と思って、ロロを飼った
のですが、まもなく、メグの方が積極的にロロにお尻を
突きつけるようになって・・こちらも、まだ2匹だけで手一杯
でしたし、メグも子供を生むにはまだ若いし、
どんなに気をつけていても、起こってしまうこともあるし・・病気やもろもろ考え、私達の勝手で、すぐに避妊&去勢をしてしまいました。
メグロロも今年6歳。それまでに何度か、メグロロの子供
見たかったな。と思うこともありましたが、後悔はしていません。そのぶん、ムックくんセイラちゃんが、元気に過ごしてくれれば!と思います!!
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : みなみ
  • URL
  • 編集

[C408]

大変でしたね~

色々考えてつらい選択でしょうね、私が意見の出来る立場ではないですが、その場面を見つけられたことが良かったと思います。
もし見つけていなかったら・・・
子供は無理になっちゃいますが、
ムックくんセイラちゃんが手術によって、今後元気で過ごしてくれれば今回のことは良かったのではないでしょうか?
勝手なこと言って申し訳ありません。

でも、家もかぁちゃんに反対されましたがフラットの癌等の病気を考え避妊手術は行いました。
今は、良かったねとかぁちゃんは言ってくれてます。

いつか、元気な2頭に会えること願ってます。
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : 赤チャレ
  • URL
  • 編集

[C409]

>よし☆よしさん
それがですね~ムックさん術後家に戻ってからもヤラせろ攻撃なんですよ。w
タマタマなければ落ち着くかと思ったんですけどね。
彼には関係ありませんでした。いまだにマウント王子は健在です!


>ナイトトレイン1450さん
犬のことを考えれば去勢&避妊をすることが一番いいことなのかもしれませんが、どうしても人間の勝手で生殖能力を不能にすることに抵抗があったんです。結局してしまいましたけどね。
やっぱりなんだったって自然な状態が一番いいんだと思っているんで。
結局人間の勝手なんですよね。ホント今回は考えさせられました。

>みなみさん
みなみさんちも同じでしたか。
うちもいただいたコメント通りです。

子は取りたかったですよ。だってそのためにセイラを家族に迎え入れたんで。
でも今回の件では、もう一度夫婦でこのことに関して話し合うことができました。
その時々の精神状態によって後悔したり、納得したりとあります。
きっと今後もそう思う事はあると思いますけど、そのときはワンたちの病気のリスクが大幅に下がったからいいんだと思うようにします。


>赤チャレさん
そうですね。その場面に遭遇しなければいつの間にか生まれてたなんてことになりましたからね。
まあその時はそのときで生みますけどね。
2カ月の間に出産に必要な知識を学ぶ事はできます。日々困ったときに経験者に尋ねることもできます。でもセイラの体と生まれてくる子のことを第一に考えた結果です。
でもこれが一番ワンたちにもよかったんですよね。
これからはオス同士の順列やらヒートのことを考えずに一緒に遊ぶことができるから、ワンも人間も楽しく過ごせる事を期待しています。
近いですからいつか遊んでください!
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : テアボロ
  • URL
  • 編集

[C410] 最後まで面倒を見るって

そんなコトになってたんですね!!
びっくりでした。でも、最後まで面倒を見るということは、子供も含めてのことだと思うので、少しでも不安なら結論を出してあげるのが飼い主さんの役目だと思います。
わんこは自分じゃできませんから。

わんこが野生の能力で生きていける地球ではもうありませんから・・・・憂うべきことではありますけど・・・・せめて家族に迎えたわんこの、子孫を含め全てを守ってあげられる範囲でいきませんと・・・・。ね!
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : おしゃまま
  • URL
  • 編集

[C411]

おしゃまま、こんばんや!

不安はセイラの体と母性のことだけです。
生まれてくる子たちは最悪家で飼える環境にありますから。
生ませたいという勝手な気持ちもありましたけど、セイラと生まれてくる子のことを考え、あきらめました。
いろいろ凄い考えたんですけど、でもこれでよかったのかもしれません。
今は後悔はしていませんよ。
子を取ろうなんて考えが間違っていて、こういう結果になったのかもしれませんし。
それよりも、やったからって100%生まれるとは限らないんですけどね。
確率的には高いとは聞いていますけど。
たとえ妊娠してはいなくても、考え直すきっかけになったから後悔はありません。
もう、ジョジョとおーしゃんと3頭での戦闘は「いっち抜っけた~」状態です。
これからはマウントされまくりでしょうけどね。ww

あんまり暗い話ばっかりじゃつまんないんで、サラミネタあげましたよ。
おしゃままって肉好きなんですか? であればあのサラミの味は納得です。
赤みの部分は生ハムに近い感じですね。
とにかく旨みのあるサラミです。
歴史の違いを感じさせられる逸品ですね。

今はウイスキーと食べてます。
ウイスキーひとくち、サラミ、そしてチョコレートみたいな感じ。ww
でもやっぱりビールが一番合いますね! 旨!!
  • 2008-03-02
  • 投稿者 : テアボロ
  • URL
  • 編集

[C417] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-03-04
  • 投稿者 :
  • 編集

[C419] 鍵コメさんへ

こんばんは、鍵コメさん。

ムックとセイラは私たちの大切な家族です。
今回の件に関して、丸2日妻とみっちり話し合いました。
晩に思った事が翌朝考えると全く違うことになっているってことはショッチュウなんで、冷静に何度も考え直しました。
僕達夫婦の気持ちは同じで、セイラのことを第一に考えました。
片方を手術してとか、今回は中絶して時期を見て交配しようとか、そういう中途半端なことだけは辞めようと。
生むならば今回で決める。生まないと決めたら避妊手術を受けると。
凄まじい葛藤でした。仕事も手につかないほど。

いろいろ情報を探せば、「中絶する為のホルモン剤投与は副作用があるので気をつけろ」とか、獣医からも「レトリーバーぐらいのサイズの犬ならば初潮での妊娠でも難産の可能性は低い」とか、まだまだたくさん情報はたくさんありました。
人によっても意見は異なるし、最終的に判断するのは僕達飼い主の判断ですから、じっくり話し合ってこの決断に至りました。

ムックとセイラの子でなくたって、いま世の中にいる不幸な子だっていいじゃないかと。
愛犬の子孫がすべてではない。今回の件で、そう物事を考えられるようになりました。

今では彼女らが僕らに対し再検討するチャンスをくれたのだと思っています。
当初からの予定と正反対の結果には残念でなりませんが、今では最良の決断だったと思っています。

ムックの手術は無事終わりましたが、切開した部分が睾丸が入っていたときと同じぐらい膨れてきています。血液か奨液だと思います。獣医の話では睾丸が大きかったし、出血も多かったので腫れることは予想していたようで術後に説明がありました。
本日の電話でもあまり心配するようなことではなさそうなので、土曜日の抜糸の時に診てもらいます。

セイラは出血がとまり、腫れが引いてから時期を見て手術となります。
日にちは今度の土曜日に決まると思います。
交配後3週間~1カ月後に妊娠が発覚すると聞いていますので、
できればそれが発覚する前に手術をしてもらいたいと願っています。
妊娠しているとわかればそこでまた変な気が出てこないとも限らないので。
だからそれを知る前に手術できることを願っています。

本当に迷いました。辛い決断でした。
ムックとセイラには申し訳ない気持ちでいっぱいです。
  • 2008-03-04
  • 投稿者 : テアボロ
  • URL
  • 編集

[C420]

辛い選択でしたね。
でも、今現在のセイラと受け入れるテアボロ家の状態が整っていないのであれば、
結局は産まれてくる子犬たちを不幸にしてしまうことも考えられると思うので、
今、考えられる選択肢の中で一番良い選択だったのではないかと思います。

さくらは、2回ヒートが来てから手術しました。もちろん、子供をとるつもりでいました。
でも、ヒート中の調子の悪さや、ピークの時にはちょっとお尻にぶつかっただけで
尻尾が横に向いてしまう様をみて、とても今後、何回もヒートが来るのを見ていられないと思い、
相手探しをブリーダーさんに頼みました。
しかし、ブリーダーさんと話をした結果、さくらの子供は諦めました。
なぜか…
①大型犬のために10頭以上産まれること(必ずではないけど)
②かなり、子犬の養育費がかかること
③必ずすべての子犬が貰われるということではないこと
④(オスを1頭残したかったため)親子でも、成長するとオスとメスの
 関係になり、縄張り争い等が起こる可能性があること             
などなど…たくさん話をしました。
夫婦で話した結果、さくらの手術をきめました。
男の子が欲しいのであれば、自分たちの目で選んだ子を
迎えればいいんだから…と。

ダラダラたくさん書いちゃいましたが、
不妊、去勢手術に関しては、それこそ人それぞれの意見があるんですから、
自分たちが出した答えに自信を持ってイイと思います。
  • 2008-03-05
  • 投稿者 : さくまま
  • URL
  • 編集

[C421]

こんにちは、さくまま。

そう言っていただけると心が救われます。
みなさん気遣っていただいて声をかけてくださいます。
とてもありがたいことです。

さくらちゃんもそうでしたか。
セイラもヒートが始まってからとにかく元気が無く、
辛そうな表情をしているので、とにかく早くラクにさせて
やりたかったところもあるのですが、子を取る事を考えて
いたので、もうちょっとセイラには我慢してもらおうと
思っていた矢先の出来事です。

手術をすれば本人たちも楽になるし、
人間の都合さえ無視すれば当然の決断です。
でも人間だからそこでいろいろと葛藤するんですね。

今は1日も早くセイラを避妊手術受けさせたいのですが、
出血が止まり、アレの腫れがおさまってから手術となるそうです。
1回で妊娠するとは限りませんが、可能性は非常に高いそうで、
妊娠が発覚してからの避妊手術は気持ち的にとても辛いので、
できれば妊娠がわかる前に子宮を摘出して欲しいと思ってます。
  • 2008-03-05
  • 投稿者 : テアボロ
  • URL
  • 編集

[C422]

苦渋の選択だったんですね。 ごめんなさい。 ちょっとサボってたので この事情は 知らなくって。
でも 簡単に いいや 産ませちゃえって産ませて 後でセイラちゃんの体に影響が出たりするより こうやって一生懸命話し合って出した結果は 正しかったと思いますよ。
アロマは6ヶ月に入ってすぐに去勢しました。
お父さんは一回くらい交配させて子共とりたいって行ってましたが 私は 最初から去勢を決めて男の子を買いました。
以前飼ってたゴールデンが 普段はバカがつくほど大人しい子だったのに ヒート中の女の子と散歩で会った時 私の力では制御できないくらいの勢いで追いかけた事があって、人様の犬と飼い主に迷惑かけられないって思ったし 他にもいろいろ理由はあるけど それだって結局は人間の勝手ですから。  でもその勝手が わんこの事一生懸命考えてあげた結果なんだから むつくんもセイラちゃんにも きっと いい事なんだと思うよ。
もう くよくよ考えたり 後悔するのはやめましょうよ。
明るく行きましょ。  大丈夫だから!
  • 2008-03-05
  • 投稿者 : アロママ
  • URL
  • 編集

[C423]

アロママ~
もうだいじょぶさ~←沖縄弁風に
本日ムックさんのおふくろさんの縫い目から出血があって
腫れもあったんでもう一度病院に連れて行ってきましたよ。
そしたらもう一回麻酔して中開けてみるってことで再度手術。
1時間ぐらいで終わったんですけど、麻酔から醒めてムックさんは
ブルブル震えて歩く事ができなかったんです。
瞳孔が開きっぱなしみたいで、目がグルグル回っていたんですかね。
2度もかわいそうな目にあわせてしまいましたよ。
また凹んでしまいました。

まあ腫れはむくんでいるだけということなので、薬で治すようです。
今は落ち着いていつものベッドで丸くなって寝ています。
やっぱりこの姿が一番おちつくな~

アロマ君へ
もうアロマ君には乗らないからね~ たぶんw
  • 2008-03-05
  • 投稿者 : テアボロ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

このBlogの値段

 
 

J-WAVE



お世話になってます












日本酒検定


日本酒検定 powerd by けんてーごっこ

プロフィール

テアボロ

Author:テアボロ



FC2カウンター

Extra

FCR Lovers


フラットレスキューボランティア
義援金、里親募集中


フラット里親募集中!!


 

メトリート基金


下3桁募金キャンペーン開催中


最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。