Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

齋彌酒造店訪問

1月16日 日曜日
由利本荘市にある齋彌酒造店の酒蔵開放に出かけてきた。
この日も大雪で、片道50kmぐらいある3桁国道でも、すれ違ったのは対向車は20台もなかった。

蔵の近くにつくと道路は渋滞。
IMG_4048.jpg
大雪なのにものすごい人出だった。
運よく蔵の横の駐車場にとめることができたが、案内してくれた蔵人曰く、昨年の方が人出が多かったというのだから驚いた。

この蔵の建物も国の有形文化財。
IMG_4126.jpg
この蔵には頂点を極めた偉大な杜氏がいます。

受賞歴
IMG_4064.jpg
この鑑評会というのは開催されるところによって評価基準が違うので、秋田の鑑評会で評価されなくても違う場所では評価されたりする。
また、出品されるような酒は、ちょっと飲んで楽しむぐらいで、ほとんどのものが食中酒や常飲酒としては向かないと思う。

どこの蔵も清潔第一。
IMG_4069.jpg
使う酵母によって洗うたわしも違う。


これは暖気(だき)というもの。酪農で使われていそうな形状だけど、ちゃんと酒用w
IMG_4072.jpg
酒母の仕込みのときにお湯を入れたり氷を入れたりして温度管理をするもの。

見学順路の先には、今回一番の目的だった高橋藤一杜氏が見学者ひとりひとりを迎えてくだすった。
IMG_4073_20110206090953.jpg
高橋杜氏は横手市山内(さんない)村出身の秋田が誇る三内杜氏。櫂入れしない、濾過しない、加水しないという酒造りから「三無杜氏」とも言われる。

「美酒の設計(藤田千恵子 著)」という本では、この杜氏のことが書かれてあるのだが、そこには65歳で引退をするようなことが書かれてあった。そして現在65歳。もしかしたら今年の仕込みで杜氏としては引退されるのではないかと思い、大雪でも無理して行ってきたわけだ。

神と1枚お願いした。
IMG_4078.jpg
とても緊張した。

めずらしい搾り機(?)発見。
IMG_4092.jpg
人の大きさから比較してもたくさんの量は搾れない。特別な酒用かな?

搾り機のプレートには・・・
IMG_4094.jpg
東麻布にこんな機械作ってるところがあるんだねぇw

そしてこれが一般的に使われている薮田式搾り機
IMG_4095.jpg
それでもここのは小さかった。

それは1本の仕込み量が小さいから?
IMG_4096.jpg
どこを見ても小さいタンクしかない。

麹室。ここでも当然ながら一般開放はされていなかった。
IMG_4106.jpg
この蔵では麹を作るときに一般的な種きりは行われておらず、蒸しあがった米を放冷機に入れた段階で種きりを行う珍しい方法。その理由は種きり工程で麹菌を吸い込んだり、肌に付着してで痒くなったり体質的にあわない蔵人への配慮。

蔵内を一周して杜氏とお話した。
IMG_4100.jpg
いろいろ聞いたけど、まだまだ話し足りなかった。
思ったのは、時代に合った酒造りをされているということ。当然そこには酒造技術があるからこそできることなのだろうが、とにかく人の負担を減らす工夫がされていた。それと同時に僕を含めた現代人は弱っちいなぁとも思った。
昔の酒造りは仕込が始まれば何ヶ月も家に帰ることもできず、睡眠も少なく重労働。でも今じゃ重要な時期以外は家に帰って寝ることすらできる。蔵によっては蔵人を通年雇用をするところも出てきた。僕がまだ独身で東京に住んでいたら、間違いなく蔵人として立候補していただろうな。でも今がなければこんなに日本酒にハマることもなかっただろうけど^^;

酒造りに携わる人の高齢化が進んで後継者問題が深刻みたいだけど、僕が贔屓にしている酒屋さんの隣の蔵では2年前に突然杜氏が倒れ、そのまま永眠されたそう。昔の杜氏は今の若い人みたいにデータ化せず、自分の感覚で酒造りをする人が多いから、このように突然亡くなられるような事があれば蔵元も蔵人も困ってしまう。現在は蔵元が杜氏を務めているが、ここまでくるのに相当な苦労をされただろうな。こんなことが全国の蔵で起こっている。あのフィリップ・ハーパーさんの蔵でも。

最後に仕込み水を飲んで終了。
IMG_4115.jpg
気温が低いからか、ぬるく感じる。水でキレが決まるという。

蔵の向かいの壜詰め工場では地元の漬物屋や菓子店などが出展し「蔵の市」というイベントが開催されていた。
IMG_4133.jpg
スローシャッターで撮影すればよかったと後悔している1枚。
これじゃ伝わりにくいよなぁ。本当はきりたんぽがクルクルまわりながらまんべんなく焼かれている。

こちらでは少年が大きな声でしいたけを売る姿。
IMG_4147.jpg
しっかりした少年だ。この子ならば跡継ぎの心配はないね。

んで今回買ってきたお酒。
IMG_4151.jpg
どちらも蔵開き限定酒。

ついでにこんなのも買ってきた。
IMG_4154.jpg
左は貴醸酒で、水ではなく酒で酒を仕込んだお酒。右は読んで字のごとく、鑑評会に出品したお酒。

今回訪れた齋彌酒造店から県内の酒蔵開放がはじまる。
次回は前回ハマった天の戸の浅舞酒造の様子をアップ。


Appendix

このBlogの値段

 
 

J-WAVE



お世話になってます












日本酒検定


日本酒検定 powerd by けんてーごっこ

プロフィール

テアボロ

Author:テアボロ



FC2カウンター

Extra

FCR Lovers


フラットレスキューボランティア
義援金、里親募集中


フラット里親募集中!!


 

メトリート基金


下3桁募金キャンペーン開催中


最近の記事

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。