Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://saylasan.blog120.fc2.com/tb.php/382-20a54bf9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

おもしろくない話?

いきなり前沢牛なんて書かれた建物の写真からはじまりましたが、感動したのは前沢牛のおいしさではありません。
今回もワンは登場しませんし、ごく一部の人にしか全く面白くないものですので無視してください。
IMG_1249.jpg
小さくて読めませんが、前沢牛串1本2000円!! 安価な部位のもありますが、それでも1250円だったかな?
以前、安いほうを食べたけど当時は1000円だった記憶が。でも高いよなぁ・・・


で、何に感動したかというと↓
IMG_1250.jpg
ペレット工場です。

先日我が家に導入したペレットストーブの燃料を工場へ直に取りに行ってきました。
本当はストーブ屋さんから同じ燃料を買う予定だったのですが、運送屋さんがペレット工場へ寄るのを忘れたそうで、次回入荷は未定ということになり、仕方なく自分で取りにいくことにしました。
まあ当初からどこかの工場へ走らなきゃならなかったから雪の少ない今しかないという判断もあってね。

んで工場に着いて事務所に行ったら、営業の人から名刺と資料も渡されて説明までされてまるで業者扱い。終いにゃ「工場見ていきますか?」と。こんなチャンスはめったにないだろうと、ペレット積んで金払ってとっとと帰る感覚で行ったオイラはあまりの待遇に驚いた。
ここの事務所でも暖房はペレットストーブを使っていて、結構な広さなのに1台のペレットストーブだけで暖房し、消費量も月?土まで稼動させて1週間40kgしか使わないとか。
うちはちっこい家なのに1週間で60kgだぞ!しかもあんなに暑くならない・・・orz

ここでは建築木材のプレカットや床材などを作っている結構な大規模な会社。あえて社名は書きません。隣県とだけ。
そこで出る端材や切り屑は、これまでは畜産家へ牛舎に敷くために売っていたのだそうだが、それでも余るぐらいだったらしく、そこで最近注目されているペレットを作り始めたそうだ。

まずはペレットの原料。
IMG_1258.jpg
本業の加工から出た端材や、もっと細かい屑も。
コンベアーにのせられて粉々に。

原料の状態によっては水分が含まれていたりして、そういうものはこのハウスで乾燥。
IMG_1259.jpg
ここで乾燥に使う熱もペレットボイラー。しかも床暖!

乾燥が済んだらフォークリフトで後ろのトレイに運ばれます。
IMG_1261.jpg

トレイからコンベアーにのってペレット製造機へ。
IMG_1257_20101218222318.jpg

製造機では原料が圧縮されてペレット形状に
IMG_1279_20101218224941.jpg
左がこの工場製で、右が秋田県産の秋田杉ペレット。直径が8mmと6mmと違いがある。

このペレットがこのゆっくり回転しているドラムで冷却され、細かな粉も篩われる。
IMG_1252.jpg

出来上がったペレットがドラムからコロコロ落ちてくるとこ。
IMG_1251_20101218222319.jpg

最後にこれで袋詰め作業をして終了。
IMG_1253.jpg

一般的にペレット製造工場を作るにあたって、設備投資で1億以上かかるそうなのだが、ここは製造機を買ってあとはほとんどあるものを使ったり手作りしたりして2千万ぐらいとか言ってたかな?
なのでその分、安い価格で出せるのだとか。話を伺っていても、ペレットを普及させることを考えて製造していて、価格設定も灯油に負けない額を最初から設定していて値上げも考えていないとか。どっかの県のペレット工場とは大違いだ。まあ設備投資に金がかかったからなのかもしんないけど企業努力でここまでできる。こういう工場が全国各地にできたらもっとペレットは普及するし、捨てられていた端材などが無駄にならないで済むのになぁ。ペレット作るんなら、まずはこの工場を見学させてもらって学ぶべき。

今回はただ燃料を買いに行くだけのつもりだったが、見学までさせてもらえちゃっていろいろ考えさせられたし、自分の目で品質の高さを確認することができたのが何よりも収穫。ペレットは使われる木材の部位によってもバークやホワイト、全木などあるが、ホワイトと言っても建築廃材や集成材など接着剤が含まれている原料を使っているものもあれば、ここの工場のように接着材など全く使わないピュアな原料で作られるものもある。そんな超高品質なペレットがどこよりも安く売られていることにも感動した。

ここでは1日に50t?70tぐらい生産できるそうだが、需要と供給を質問してみたが余裕がないそうだ。なので僕が買えなくなると困るんで公表は控えますw 知りたい方には教えますが、取りにいける範囲でないと輸送料がかかってしまって割高になるから何の意味もありません。

ということで55袋購入?w
IMG_1263_20101218222408.jpg

米屋か?www
IMG_1264.jpg

前から。
IMG_1265.jpg
すんごい重くってブレーキが利きにくかったっす。
来シーズンは我が家周辺でもペレット作るみたいだけど、ここと同じぐらい品質が高くて値段が安くないとねぇ。このペレットを秋田県内で手に入るようになれば県内の製造者も価格を下げざるを得ないだろうに。ちなみにうちのストーブ屋さんはこのペレットを入れてみて、よかったら地元産のをとりあえず入れないようにして圧力かけるようなことを言っていた。それも賢い。

そして日曜日から使い始めたが、ペレットの径が太いためか、弱運転のときにガラスと燃焼室が黒く煤ける。恐らく径が太くて燃焼室に空気がうまく送られていないのかもしれない。ストーブの燃焼設定を変えてしばらく様子見。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://saylasan.blog120.fc2.com/tb.php/382-20a54bf9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

このBlogの値段

 
 

J-WAVE



お世話になってます












日本酒検定


日本酒検定 powerd by けんてーごっこ

プロフィール

テアボロ

Author:テアボロ



FC2カウンター

Extra

FCR Lovers


フラットレスキューボランティア
義援金、里親募集中


フラット里親募集中!!


 

メトリート基金


下3桁募金キャンペーン開催中


最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。