Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローラーコースター

2月15日にコミッティ限定で販売されたArdbeg Rollercoaster
18日に注文して24日にスコットランドからDHLで我が家に到着。
IMG_6844.jpg
1本50ポンドで、お1人様2本限定なので2本頼んで100ポンド+送料27ポンド。送料だけで4000円近いorz

これまでいろいろ海外からお取り寄せしたが、品名がウイスキーだったから初めて税金をとられた。
IMG_6845.jpg
しかし輸入内国消費税等700円に対し、立替手数料が735円。
なんか商品500円のものを買って、送料600円取られた感じorz


スポンサーサイト

爆笑注意!

笑いたい方こちらへどうぞ。

変なサイトへのリンクではなく「笑いを征する者が受験を征す。試験問題の傾向と対策と模範解答集」というテストの珍回答集です。

仕事中に見てしまい、爆笑しすぎて笑いをこらえるのが大変w

笑いに飢えている方いかがでしょう?

育児休暇

先週末から風邪ひいているアカネさん。
月末週で忙しいママは会社を休むことができないので、代わりにオイラがお休みもらって看病しておますの。

最近はミルクをあげると哺乳瓶に自分で手を添えます。
IMG_6666.jpg

おいしいのか飽きたのか、後半になると体を動かして飲みます。
IMG_6719.jpg
オートスイングなのに足でテーブルを蹴ってセルフスイングしてみたりw

自分の手をいじってみたりもします。
IMG_6491.jpg
地味?に成長中のアカネさん。

アカネのお世話ばかりしているのでワンたちは退屈そう。
IMG_6678.jpg
そんな目で見るなー!

またまた酒蔵開放日

バレンタインは死にました!(ぴすちゃん風)
今回のお話とは全く関係ありません。

ムツ君もセイちゃんも元気で仲良しです。
IMG_4484.jpg

まあ夜にもなるとムックはこんな表情で寝ますがorz
IMG_4487.jpg

そして今日から「おらのテイテイ」は「日本酒Blog」となりました(ウソです)
備忘録です。


13日 土曜日は隣の湯沢市にある酒蔵2軒の開放日へ出かけてきた。

まずは両関酒造。
IMG_4537_20100214020229.jpg
ここは僕が日本酒はおいしいものと認識した純米大吟醸酒「雪月花」を作っている酒蔵。

東京にいるときは日本酒はほとんど飲まなかったので秋田へきて日本酒のおいしさに驚いた。

中に入るとまずは蔵!
IMG_4490_20100214020130.jpg
登録有形文化財だそう。

とにかく立派な蔵だった。もちろん現在も蔵として利用されていた。
IMG_4503.jpg
手前の青いビニールには靴底を殺菌するための薬品が用意されていた。
蔵に入るときはここに靴ごと足をいれて殺菌して入る。

2号蔵
IMG_4509.jpg

入ってすぐに火入れ時のタンクと、先日伺った浅舞酒造では現役だった搾り機が展示品としておかれていた。
IMG_4506_20100214020200.jpg
蔵だけあって梁は凄い。
IMG_4512_20100214020159.jpg
酒蔵は金持ちが始め、杜氏は農家という話があった。
秋田だけかもしれないけど。

両関の搾り機
IMG_4517.jpg
生産量は多いと思ったのに、意外と搾り機はこれ1機しかなかった。

これは搾ったお酒が入るタンク。
IMG_4519.jpg
味の均一化をはかるために、それぞれのタンクから搾ったお酒を混ぜる目的のタンク。
1基で144kℓ! 1升瓶で8万本!!
全盛期(昭和40年代)には4基フル稼働だったそう。それだけ日本酒の消費量が落ちているということ。

そして壜詰め工程
IMG_4522.jpg
ガラス張りになっていて見学コースがあった。

これだけ機械があると、蔵というより工場。
IMG_4527.jpg
緑の安全第一クサイ旗が余計に工場っぽく感じさせる。

両関では搾りたて原酒を100ml当たり100円で量り売りしていた。
IMG_4530.jpg


同じ日に両関から徒歩5分ほどの場所にあるの秋田銘醸(爛漫)も開放日だったのでハシゴしてきた。

こちらは両関よりもさらに規模がデカイようだ。
壜詰め工場だけで別棟でこれだけの規模。
IMG_4539.jpg

酒蔵というより会社!
IMG_4542.jpg
酒蔵とは思えない立派な入口です。
会場入口はここではないが。

正規の見学ルートからお邪魔すると、靴を脱いでエレベーターで5階へ通され、蒸す工程から。
IMG_4548.jpg

そして酒米も食べさせてもらえた。
IMG_4547.jpg
どちらも普段食べる白米よりも硬く蒸されていた。

両関では仕込み水は飲めなかったが、爛漫では用意されてあった。
IMG_4550.jpg
この近くにはムックやセイラも普段職場で飲んでいる日本名水100選の1つ「力水」も湧いて出ている湧き水の豊富な土地。だから複数酒蔵があるのだろう。

爛漫は規模が大きく、各タンクの醪の温度をコンピュータ管理していた。
IMG_4553.jpg
規模が大きいとこういったハイテク機器も使って酒造りするんだなぁ。

爛漫でも利き酒があった。
IMG_4556.jpg
大吟醸から紙パックのお酒まで5種類を飲んでから別テーブルへ。
IMG_4557.jpg
戻って味を確かめることはできない。
あれこれ飲んでいると次第に酔い始めて何がなんだかわからなくなるので早めの決断が必要。

僕の回答はこちら
IMG_4561.jpg
爛漫のは簡単で5つとも当てることができた。

利き酒のあとは醪体験コーナーで混ぜる体験もできる。
IMG_4567.jpg
醪の気泡は非常に細かくて数が多く、そのガスによって竹の棒で混ぜようとすると上に弾かれるほど。とてもいい体験ができた。
蔵人が記念写真も撮ってくれて、その場でプリントして渡してくれるサービス付。もちろん無料。

見学コース中に試飲コーナーもあり、ここでは搾りたての原酒を飲ませてくれた。
IMG_4569.jpg
もちろん火入れ前の原酒なので、特有のピリピリした刺激もあり僕好み。

試飲コーナーの向かいには搾り場があって、6基ぐらいで搾っていた。
IMG_4575.jpg

ちょっと歩くと今度は有料の試飲コーナーも。
IMG_4580.jpg
ここでは大吟醸古酒3種を100円で飲ませてくれた。
僕の飲んだ感想を言わせてもらうと、日本酒は古ければいいというものではないと感じた。
しかし非常に貴重でなかなか手に入らないし、とても高価であるという説明だったが、開放日では300mlで735円でそれぞれの年のが売られていたが、このような理由で購入しなかった。

そのテーブルには米の価格なんかも書かれてあった。
IMG_4579.jpg
やっぱし山田錦は高いんだなぁ。


とにかく爛漫は規模が大きい
IMG_4584.jpg

最後にはお約束の販売コーナー
IMG_4587.jpg
爛漫ではここを笑談室という場所らしい。
写真の真ん中では仕込み水から大吟醸、焼酎やリキュールまで試飲させてくれ、気に入ったものがあれば右側のレジでお会計。

土曜日に2軒、規模の大きい酒蔵を見学したが、爛漫は会社規模も大きいからか、見学コースがしっかりしていて好感を持てた。
それに比べると両関はもうちょっと努力が必要かな。
蔵人の説明は非常に丁寧でわかりやすい説明をしてくれたので満足だったが。

帰りはアカネも迎えに来てくれた。
IMG_4590.jpg

家に戻り、今度はワン孝行。
まずは相撲。
IMG_4617.jpg

雪球のとりあい
IMG_4659.jpg

天気もよくて気持ちが良かった。
IMG_4670.jpg

そして今回購入してきたお酒。
IMG_4798.jpg
手前の瓶が両関で購入した生搾り原酒。
大吟醸原酒が爛漫、白い箱は爛漫で利き酒して全問正解していただいたボトル。

酒蔵見学へ行くたびに増える酒かす。
IMG_4802.jpg
天の戸の森谷杜氏は「『かす』だなんて言わないで」と「酒香寿(さけかす)」と呼んでいた。

現在発売中のdancyu3月号では天の戸の森谷杜氏が酒香寿をつかった日本酒にあうおつまみを紹介している。
d89127144d.jpg
普段dancyuなんてどこにでもあるのに、開放日があったからか今回の号は我が家周辺の書店はすべて売り切れだったが、一番近いショッピングセンターの本屋にはなぜか山積みになっていたw




14日 日曜日。

まずはママが美容院へ行くのでアカネと送っていき、僕はアカネとデート。
イエローハットへママの車のオイル交換に行った。

1時間ちょっとでママと合流し、今度は我が家と同じ横手市にある阿桜酒造の酒蔵開放日へw
RIMG1013.jpg
入口の前にはかまくらができていた。

我が横手では15日からかまくら祭りが開催されます。


ここのお酒は僕的に好みだったので見学するのが楽しみだった。

ある程度参加者が集まってからまとめて案内してくれるのだが、ちょうど昼時だったからか自分入れて3人。
ゆっくり見学ができた。

まずは精米。
RIMG1015.jpg

出た糠。
RIMG1017.jpg
赤糠は椎茸栽培に使われ、特糖なんかはお菓子屋さんに行くそう。

今日仕込んだもの
RIMG1019.jpg
翌日さらに足すそう。

こちらは仕込みから2週間経過したもの。
RIMG1023.jpg
このぐらいになるとガスが凄いらしく、タンクに転落すると即死だそう。
毎年転落して亡くなってしまう事故があちこちであるそうなので、このようにふたをしている。
ロープは見学者用。特に子供が入らないようにだとか。

阿桜では麹室はドアの外から。
RIMG1028.jpg
やはりほかの菌の混入を恐れていた。
両関も爛漫も麹室なんて見ることすらできなかったのに、天の戸はよく入れてくれたよなぁ。

ここも搾り機は1基
RIMG1031.jpg
どこもこのタイプが主流?

タンク萌え?
RIMG1032.jpg

お楽しみの試飲
RIMG1038.jpg
いぶりがっこ(たくあんの燻製)もおいしかった?

アカネも初かまくら
RIMG1041_20100215004054.jpg


酒蔵開放日に行ってきた。

7日 日曜日

午前中は仲間と滑りに。そして午後からは我が家から車で10分ほどの場所にある浅舞酒造の酒蔵開放日に出かけてきた。
飲みに行ったのではなく勉強をしに。
IMG_4444_20100209224453.jpg
※帰りに酔っ払って撮ったので傾いてます
我が横手市にある「天の戸(あまのと)」ブランドの小さな酒蔵。

受付を済ませると、まずは利き酒から。
精撰、醇辛(じゅんから)、美稲(うましね)、LAND OF WATER、大吟醸の5種類。
オイラはLAND OF WATERと醇辛を逆に書いてしまって3つしか当てられなかった。

利き酒は1つのボトルに2つの利き猪口が用意され、それを参加者全員で回し飲みするので潔癖な人には厳しい。

これが天の戸の仕込み水
IMG_4386.jpg
真面目に撮ればよかったと後悔。


IMG_4378.jpg
左から「吟の精」「美郷錦」「星あかり」「秋田酒こまち」「亀の尾」「美山錦」
ここでは酒蔵から半径5km以内の限られた生産者から酒米を仕入れ仕込むので、誰が作ったのかわからない米は一切混入しないのだそう。

精米歩合
IMG_4385.jpg
80%でこのぐらい。玄米を白米に精米したぐらいな感じ。

38%まで磨くとこんな感じ。
IMG_4383.jpg

ここの蔵元では麹室も見学させてくれる。
IMG_4400.jpg
室の中は30度以上はあると思われるほど高温で、すぐにジワリと汗が出てきた。
麹菌は緑色だった。カビの色。

そして仕込み蔵。
IMG_4395.jpg
リンゴや桃などのフルーティーな吟醸香がたちこめていた。
このタンク1つで1升瓶2000本ぐらい搾れるそう。大規模な酒蔵のはもっとタンクが大きいそう。

この状態でも試飲させてくれた。
IMG_4396.jpg
酸味が強く、米の粒がまだあってピリピリと発泡性の刺激もあり。
この状態でも十分おいしかった。

次は搾り。
IMG_4409.jpg
この搾りたてを横で壜詰めして販売もしてくれる。
当然一度も火入れをしていないので菌の繁殖は続く。

ここで見学は終わり、試飲コーナーへ。
IMG_4416.jpg
燗をつける安価なお酒から、お店にまで出回らない超稀少なボトルや、この蔵で一番高価な純米大吟醸まで飲み放題。
「飲み放題」とはオーバーな表現ではなく、本当に蔵人が遠慮なくどうぞと勧めてくる。

試飲コーナーの横の部屋では参加者同士が談笑できるスペースも用意され、蔵の賄いさんが作ってくれた粕汁やおつまみも用意されていた。
IMG_4424.jpg
もちろんテーブルに用意されているお酒も飲み放題。

凄くきれいな巻物。
IMG_4421.jpg
食べるのがもったいないぐらい。

一緒に出かけた友人夫婦と3人でホロ酔いに。
IMG_4422.jpg

帰りにはここでしか購入できないレアなボトルを特別価格で購入し、出口で社長からおみやげまで手渡されて感激。
ここまで楽しませてもらってご馳走にもなってすべてが無料。

友人夫婦はあちこちの酒蔵開放日に出掛けているそうなのだが、ここまで大盤振る舞いな蔵元も他にはないらしい。
今週末は生産量の多い酒蔵の開放日があるので酒造りの違いなどを見学してくる予定。

ただお店でラベルをみて買って飲むだけではなく、誰がどのように作った酒なのかを知った上で飲めばさらにおいしくいただけると思う。
杜氏の酒造りの考えなんて一般人はこんな時でもないと聞けないし。

さらに天の戸が好きになった1日だった。

我慢できないんだもん。

エイドリアーーーン!
ミルクレープは1枚ずつ剥いで食べるテアボロです。

さて、今週はセイラ地方もいい雪がドバドバ降りまして、最高気温も毎日マイナス。
夜はマイナス10度以下に下がりまして寝るときもオイルヒーターをつけて寝るほど。
こういい雪が降り続くと、落ち着かないのは(U´Д`)ワンだけではありません。

待ちに待った土曜日! 雪降りで風がちょっと強かったけど、とりあえずスキー場へ。
しかし残念ながら凄まじい降雪と風で視界不良。無理して滑らないのが地元民。
視界不良じゃいくら雪が良くても楽しくないですからね。
あきらめて駐車場でUターンorz

家に戻ってワンとお昼寝。そして夕方庭でワンと雪遊びしていたら、やっぱり雪がよかったのでママにナイターのお伺いを。
「行ってくれば(# ゚Д゚) 」とちょっとトゲのあるママのお言葉をいただき、一人スキー場へ。
こんないい雪はシーズン中にたくさんあるわけじゃないから勘弁して。

で、向かった先は、夏場ワンと放牧ランチに出かけているスキー場。実は滑りに来たのは今回がはじめて。
IMG_1633.jpg
ここは我が家から車で10分ぐらいの場所にある市営のスキー場。
リフトは1本しかないのだが、ナイター料金1500円とお安め。

いやぁ?文句言われながらも行ってよかった!
雪超?よかったぁ?

1時間みっちり滑って最後の1本。
IMG_1634.jpg
これだけ雪が多くて気温も低かったら近くのスキー場でも十分満足できるんだなぁ。

もちろん帰ってから夕食を作って洗い物もして、アカネもお風呂に入れました。
これぐらいはしないとねぇ(;´∀`)

明日は仲間と滑りに行って午後からは酒蔵へw

スノトレ リベンジ

なんかタイトルが水曜どうでしょうっぽくなってしまいましたが気にしないでください。

前日スノーシューを持たずに出かけたお山の入口へ、翌日完全装備で出かけてきました。
ママがあんまり乗り気ではなかったので、アカネと家で留守番です。

今年も頼むゼ! スノーシュー君!!
IMG_4229.jpg

そして雪道を突き進むぞー!!
IMG_4231.jpg

残念ながら誰か足を踏み入れた跡があります。
IMG_4232_20100131194010.jpg
跡の感じからして入山してからだいぶ時間が経っています。

ここのところ気温が高く、さらには雨も降ったりして降雪はほとんどありません。
なので雪が重たく歩くのが重?いorz

ちょっと歩いたら不思議な場所を発見。
IMG_4233.jpg
ここは舗装された道なのですが、ポッカリと雪がありません。
水が流れているとかいう感じの融け方ではなく、その部分の地面が温かいような融け方でした。
すぐ近く(ここより下)に源泉が沸いているので温泉関係の熱??
地面を手で触ってみましたが温かくもなく冷たくもありませんでした。
でも雪が融けるには十分な温度なのだろう。

全景はこんな感じ。
IMG_4235.jpg
キレイに雪が融けてるでしょ?

ワンは思ったよりもズンズン行かなくちょっと残念。
IMG_4237.jpg
あちこちニオイを嗅ぎながら、マーキングしながら進んでいきます。

もうしばらく歩くとまたポッカリと雪がない場所を発見!
IMG_4241.jpg
こりゃ何かあるな。ムックとセイラも探っていますw

道から外れようとして怒られるムック
IMG_4251.jpg

熊出現!?
IMG_4261.jpg
ではなくムックですw
これはウサギの足跡を追って穴に顔突っ込んでるんです。

僕が歩くの遅いので振り向くムック
IMG_4269.jpg

装備は完璧だったのに、食い物と飲み物を忘れ、途中でツララで水分補給。
IMG_4286.jpg
ごちそうさまでした。

今度はセイラが道を外れようとしたので叱りました
IMG_4293.jpg
(´・ω・`)ショボーンなセイちゃんw

でも反省するのはそのときだけで、すぐにこの表情w
IMG_4296.jpg
この顔でいつも許しちゃうんだよね?

ずいぶん歩いてきました
IMG_4316.jpg

ところどころにウサギの足跡がありました
IMG_4270.jpg
それを発見すると2頭してクンクンして足跡を追います。
これでウサギでも出てこようもんならセイラは間違いなく追いかけていくでしょう。コワ?

ムックは先頭を歩くのがつまらなくなったのか、それとも雪球遊びのつもりでついてきたのに全く雪球を投げてくれないからなのか、僕が蹴り上げる雪に食らいつくようになりました。
IMG_4321.jpg
んなもんだからスノーシューをムックにスノーシューを踏まれ、前進するのが困難に。

途中で雪面を歩く虫たちを発見!
IMG_4334.jpg
この子たちあちこちに結構いました。
なんていう虫かはわかりませんが、春が近いということでしょうか?

なんか歩いていて、この先に目標も特にないので面白くなくなり引き返すことに。
引き返すのを一番喜んだのはこの方々orz
僕以上に途中で飽きたのは意外にもワンなんですよね。
IMG_4335.jpg
おめーら満足させるために来たのにそりゃねぇだろ。

引き返すとなるとどんどん前を進む2ワン。
自分が歩いてきた道だから安心なのでしょうね。
怒らなければ先に車に到着してしまう勢いです。

この日は気温が3度ぐらいで、ウエアはユニクロのヒートテックにR2とPowderkeg上下を着用。
しかし途中で暑くなってシェルとグローブを脱ぎ捨て。そしたら帰りにムックにグローブをかっぱらわれました
IMG_4344.jpg
着たヒートテックは最悪でした。汗を吸ってもそのままで体が冷たくなってしまいました。家に戻ってからラベルをみるとコットン49%!そりゃそうだよ。やっぱし汗かくようなときはポリエステル100%のキャプリーンやWoolに限ると実感しました。まあヒートテックの何倍もの金額がするから良くて当然なんだけどね。
寒い場所で汗かくときはコットン製は避けないと汗の水分で体が冷えてしまうので注意です。

ズンズン
IMG_4346.jpg
グローブ返してぇ?

あまりに先に行ってしまうので「バイバーイ」って隠れることにw
IMG_4349.jpg
ズル賢い子のようで、僕が見える位置まで山を登ってこっちの様子を伺おうとします。

それでも僕の姿が見えないので慌てて戻ってきました
IMG_4364.jpg
それよりテメー、オレのグローブどうした?

あ、発見。
IMG_4370.jpg
途中で捨てたようですorz

車に到着したのにワンの様子がおかしく、変な方向へ進んでいったので僕もついていくと、その先には鴨が死んでいました。(写真中央)
IMG_4371.jpg
足跡があったのも、もしかしたら猟に着た人の足跡??
でも途中で銃声は聞こえませんでした。
ん?スノトレは禁猟区でやったほうがいいかな?と帰りの車の中で考えるテアボロでした。

スノトレも雪が悪いとつまらないね。

アカネと初外食

アカネが生まれてから(前からだけど)ちゃんとした外食は控えていましたが、とうとう夫婦して肉切れを起こし、アカネを連れていきつけの焼肉屋さんへ。
アカネが泣くことも考え、極力周りの迷惑にならないよう夜の部の開店と同時に入店!
久しぶりに女将さんに会いアカネを見てもらいました。
そしたらワンドリンクサービスしてもらっちゃって?すみませ?んw

この日、アカネはママとマッサージへ出かけていて疲れたのか車の中でもグッスリ。
席についても寝たまま。ウシシ
この間にいただいちゃいましょ?
まずは牛タン
IMG_1602.jpg
若い頃はネギ塩タンにハマっていたのですが、最近はスタンダードなこっち。

んで生ものね?
レバ刺し(ごま油+塩)
IMG_1604.jpg

ママが毎回たのむ野菜スープ
IMG_1605.jpg
ここの店はスープがウマァ?なの。

キムチね?
IMG_1606.jpg

んでもって僕的に焼肉メニューNo.1のユッケ!
IMG_1607.jpg
最高ですっ!w

ママの好物トントロ
IMG_1608.jpg

焼肉の王様、カルビ!
IMG_1610.jpg
本日は由利牛(秋田県由利本荘市産)でした?
由利牛って脂がすんごいの。これで850円って安くない??

ユッケビビンバ?
IMG_1611.jpg

( ´ー`)フゥー...満腹まんぷく
IMG_1612_20100131185052.jpg

結局アカネは最後まで起きることはありませんでしたw
毎回こうだといいんだけどなぁ。

どうです?焼肉食べたくなったでしょ?



昨日、フラットのお友達がお星様になってしまいました。
何度もご一緒する機会があり、昨年の秋キャンプでもご一緒させてもらいました。
もう会えないと思うととても悲しいです。
闘病中つらかったと思うけど、パパもママもずーっとそばにいてくれたよね。
どうか安らかに・・・

Appendix

このBlogの値段

 
 

J-WAVE



お世話になってます












日本酒検定


日本酒検定 powerd by けんてーごっこ

プロフィール

テアボロ

Author:テアボロ



FC2カウンター

Extra

FCR Lovers


フラットレスキューボランティア
義援金、里親募集中


フラット里親募集中!!


 

メトリート基金


下3桁募金キャンペーン開催中


最近の記事

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。